電気工事 申請

電気工事 申請4

電気工事士として重要な申請書類の作成は進んでいますか?

前回まで、申請用紙の記入方法をご紹介してまいりましたが、
ご理解いただけたでしょうか?

電気工事士である以上は、
絶対に避けては、通れない、電力引込申請ですが、
意外と、記入方法が解らないとゆう声が聞かれます。

また、中には、“邪魔くさい”とゆう人もいますが、
これは、論外です(#`ε´#)

さて、今回は、前回に引き続きまして、
引込申請についてお話させていただくのですが、
今回、ご紹介する書類は、
施主様にお渡しする大切な書類ですから、
しっかりご覧ください。電気工事士のこのブログで、照会させていただいています
申請書類の記入方法ですが、
電気工事士のみなさんなら、すでにお分かりのことばかりだと思います。

改めて、このように、記事にするのもどうかと思いますが、
最初に、書かせていただきましたように、
意外と、電気申請とゆうキーワードでの検索が多いのです。

現在も、ほぼ毎日のように、検索されています。

そんな訳で、このシリーズを掲載することにしたのですが、
如何でしょうか?

前置きは、これくらいにして、
そろそろ本題に入りましょう。

今回は、電気工事
施工証明書兼お客様電気設備図面
の記入方法をご紹介しましょう。

お客様の建物の電気工事に関する控えともなる書類ですから
しっかりとご覧ください。

では、最初に『施工証明書兼お客様電気設備図面』の
全体をご覧ください。
施工証明書 *注目.jpg
これが『施工証明書兼お客様電気設備図面』になります。
いろいろと記入する箇所がありますから、
順番にいきますね。

@契約種別
  *電灯:電力:公衆街路灯
   臨時電灯:臨時電力:その他
    いずれかを囲む。

施工証明書 1.jpg

A施工電気工事店記入欄
  *施工業者住所
  *電気工事会社名:押印
  *電気工事業法登録番号(電気工事業者登録番号)
  *組合員番号(電気工事組合員番号)

施工証明書 2.jpg

Bお客様情報欄
  *御住所
  *お名前
  *お客様番号(新築時は記入不要)
  *引込柱(電柱番号)

施工証明書 3.jpg

C電気工事施工者情報欄
  *主任電気工事士氏名
  *電気工事士免状番号(第1種:第2種)
  *電気工事作業者(氏名:免状番号)
  *工事着工日
  *工事竣工予定日
  *工事竣工日

施工証明書 4.jpg

D検査実施項目入力欄
  *申込審査(必要な場合記入)
  *試験(必要な場合記入)
  *竣工届出時申込内容変更(有:無いずれかを囲む)
  *建物面積
  *自主検査実施日
  *検査者氏名(主任電気工事士、押印)
  *検査項目(検査項目にチェックする)
  *絶縁抵抗値
  *接地抵抗値

施工証明書 5.jpg

E電気工事竣工図面
  *配線図(別紙、竣工図面添付可)

施工証明書 6.jpg
   
F署名欄
  *お客様署名(確認後)
  *建築会社署名

施工証明書 7.jpg

これで、『施工証明書兼お客様電気設備図面
の記入は、終わりです。

今回もたくさんの記入項目がありましたが、
この書類は、最初に書きましたように、
お客様の控えとなりますから、
しっかりと記入してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策