家庭の電気

家庭の電気13

家庭の電気では、これまでにもさまざまな話題を取り上げてきましたが
みなさん実践なさっているでしょうか?

ともすれば、日々の忙しさの中で忘れがちな
電気器具の点検や、雷などの外部からの障害対策など、
しっかり行ってください。
それが、電気の安全な使用につながり、
快適なくらしを支えてくれることにも繋がりますから。

そんな電気の安全を考えた時、
漏電ブレーカーが思い浮かびます。

今回は、その漏電ブレーカーについてお話させていただきます。

一般の方では、“漏電ブレーカー”と言っても、
すぐには思い浮かばないかも知れませんが、
この機器は、非常に大切な働きをしてくれます。

ご家庭内でお使いの家電機器などに不良が発生し、
漏電などを起こしたとき、この漏電ブレーカーを設置していれば
電気を遮断して、電気による事故を未然に防いでくれます。

関西地方では、「関西電気保安協会」とゆうところのCMでも
設置を呼びかけています。

このCMがまた関西らしい、ふざけたCMなんです
思わず噴出してしまうような ブフッ(^ε^*)

おっと!
話が脱線してしまいました(汗

最近、新しく建てられている住宅やマンションでは、
ほぼ全てと言っていいほど、漏電ブレーカーが設置されていますが
古い住宅では、漏電ブレーカーどころか、
主幹ブレーカーすら設置されていないお宅を見受けます。

これは、かなり危険だと言わざる負えません。

主幹ブレーカーが無いと言う事は、
ご家庭に電気を供給している、
幹線ケーブルとゆう電線の保護がまったく無いとゆうことなのです。

各電線には、許容電流とゆうものがありますから、
主幹ブレーカーが無ければ、電気は流れ放題とゆう事になってしまい
許容電流を超えて、電気を供給することになり、
最終的には、耐え切れなくなって火災の原因ともなりかねないのです。

今回お話させていただいてる、漏電ブレーカーは、
この主幹と呼ぶ、大切な保護機器の役割と、漏電を未然に防ぐとゆう
二つの役割をしてくれる、大切なものなのです。

みなさまのご家庭の電気の安全を考える時、
漏電ブレーカー”の設置を必ず検討してください。


備えあれば憂いなしです^^

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策