福島第一原発事故から学ぶ

福島第一原発事故から学ぶ 2

前回少し原子力発電について考えてみましたが、
みなさんは、どうお考えになるでしょうか?

「安定的な電力供給のためには、原子力発電を続けるべきだ」
と思われますか?
それとも、
「危険性とあらゆるコストを考えれば、やめるべき」
と考えますか?

電気工事士は、どちらかと言えば後者でしょうか。
日本全体を考え、新しいエネルギーを考え、
そしてこれからの日本の発展を考えた時、
海外に頼りきっていては、これからの日本の未来は、
無いと思いますので、思い切った発想の転換が必要だと思います。

今回は、そんな流れの中で、
まず、今の電力行政を考えてみたいと思います。

現在の電力行政は、原子力発電推進一本やりだった考えが
今回の東京電力福島第一発電所の事故を受けて、
国民から原子力発電“No”の声が大きくなり、
迷走状態だといえるのではないでしょうか。

現在、各地の原子力発電所で、ストレステストが行われていますが
これとて、国民目線からすれば、
電力会社がお手盛りで、自分たちの都合のいいように行っているのではないか
との疑念を抱かれているのだと思います。

国の原子力委員会などの審査があるといっても、
元々、経済産業省、電力会社と一体となったような組織ですから、
そこが審査すること自体が、信用されていないように思います。

これから、各電力会社の原子力発電所から
ストレステストの結果が報告されてくるでしょうが、
多分、どの原子力発電所も、問題点をあげるところは無いでしょう。
そして、原子力委員会などからの審査結果も運転再開に対して
『問題なし』
との回答が出されることは、間違いないところだと思います。

しかし、国の電力行政や電力会社に対する、原発立地自治体の不信感は大きく
簡単に「はいそうですか、それでは運転再開を認めましょう」
とはならないと思います。

そもそも、電力の安定供給の大義名分のもとに、
1地域1電力会社としてきたこと自体が間違いだとは、思いませんか?
そして、発電、送電の全てをこの電力会社に任せてきた事で、
余計な独立行政法人やそれにぶら下がるファミリー企業などを作り、
その全てのコストを、需要家たる一般国民から吸い上げてきたのです。

ですから、この1地域1電力会社とゆう原則を撤廃して、
発電の自由化、そして送電の自由化を行い、
地域での発電、送電とゆう事を考えるべきなのではないでしょうか。

福島第一原子力発電所の事故以来、
太陽光発電や風力発電といった、
クリーンエネルギーに対する感心が高まりましたが
現在、各地で行われているこれらで発電された電力も、
いったん、各地の電力会社に買い取られ、
そして、発電した地域へ売られるとゆう形をとっています。
これでは、風量や太陽光といった発電施設を立地して、
自ら発電している意味がありません。

発電地域へ、直接供給し、余った余剰電力を、電力会社へ売るのであれば
立地地域の利益にもなり、地域活性化にも貢献することができるでしょうが
現在のような形では、このような発電施設を建設すること自体、
コストばかりがかかって、地域住民の負担だけが大きくなることになり
今後、新たに建設を考える自治体も増えないでしょうから、
政府が言っている、再生可能エネルギーへの転換など、
まさに、絵に描いた餅となってしまいかねません。

裏を返せば、政府及び経済産業省などは、
そうなることを狙っているとも言えなくはありません。
原子力発電に対しても、未だに推進しようとしているのですから・・・

まず、電力行政を転換して、
発送電分離を行い、新たな電力会社や、自治体設置の風力、太陽光などの電気を
自由に、地域還元できるようにすることが先決だと思います。
そうすれば、極端な話ですが、
みなさんの町に一つ、発電所を作れば、その電気を使うことが出来るようになるのです。

こうなれば、安い電気を使うことが出来るようになり、
施設設置にかかった費用も、住民が負担することになり、
よりいっそう、電気や他のエネルギーに対しての意識も高まり、
より良い物を、みなさんで考えていけると思います。

そのとき、現在のように経済産業省の影響が強い状態のままでは、
またまた、無駄な出先機関や独立行政法人などを作り、
折角の、住民のための電気に余分なコストを掛けられることになってしまいますから
経済産業省の影響は、最小限に抑えなくてはなりません。

今の電力行政は、経済産業省と電力会社の馴れ合いの中で行われ、
巨大な利権にその関係者が群がっているのです。

この構図を改めない限り、電気に関する発送電分離、自由化はありません。

いかがでしょう?
みなさんは、どうお考えになりますか?

次回は小さな発電について考えてみたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策