配線器具の種類と用途

配線器具の種類と用途(光るスイッチ)

前回の、三路及び四路スイッチについての話はいかがでしたか?

片切スイッチと違って、設置場所を考えれば
大変便利だとゆう事は、ご理解いただけたのではないでしょうか。

さて今回は、光るスイッチと題してお話を進めてみたいと思います。


光るスイッチって?
こう思われる方も多いと思いますが
ほたるスイッチやパイロットランプ付スイッチのことです。

ほたるスイッチやパイロットランプ付スイッチと言っても
何のことやらって感じですよね・・・

呼び名だけ聞いても、あまりピンとこないかもしれませんが
一言で言ってしまえば、
「表示ランプの点くスイッチのことです」

例えば、暗い場所などで、スイッチを探すのは大変ですが
ほたるスイッチを設置しておけば、
スイッチのある場所をランプで表示してくれますから
簡単にスイッチを見つけることができますから、
暗いお部屋のでも、迷わずにスイッチ操作していただけます。

玄関などに設置しておけば、
夜の帰宅時でも、迷うことなく照明を点灯することができますし
廊下などには、先にご紹介した三路スイッチや四路スイッチを
このほたるスイッチにしておけば、
どこにスイッチがあるのか一目瞭然ですから安心です^^



そしてもう一つのパイロットランプ付スイッチですが、
主に用いられるのは、
トイレや浴室などの換気扇用のスイッチとして設置されることが多いです。

トイレや浴室といった、普段人が居ないところでも、
湿度や臭気をとるために換気扇を使用されると思いますが、
案外、忘れがちで、気が付けばずぅ〜と換気扇が回ったまま・・・
なんて経験はありませんか?

こまめに消す事で節電にもつながりますし、
何より無駄な電気代の節約にもなりますから、
消し忘れ防止のためにもパイロットランプ付スイッチの設置をお薦めいたします。

このパイロットランプ付スイッチは、運転中はランプが点灯し、
“OFF”にするとランプが消灯しますので、
ひと目で、運転中かどうかがわかりますから、
無駄な電気の節電にもつながります。

このほかにも、
センサースイッチや消し遅れスイッチなどさまざまなスイッチがありますから
設置場所や用途をよく考慮して設置をお考えください。

ごく簡単に、配線器具の種類と用途についてお話してきましたが
いかがだったでしょうか?

みなさんのお宅の参考になればいいのですが・・・



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策