エアコン

エアコンの自分でできる水漏れ解消法

暑い夏には、エアコンは欠かせません。

近頃では、省エネや節電のために
エアコンの使用を控える方がいらっしゃいますが
控えすぎて熱中症になってしまっては、
本末転倒ですから、適度にエアコンを使用されるほうがよいと思います。

そんなエアコンですが、
室内機から水漏れを起こす場合があります。
そんなときに自分でできるエアコンの水漏れ対策についてお話いたしましょう。

この記事を読めば、業者さんに依頼するより手軽に
解決できますので、是非お読みください。



「エアコンの室内機から水が漏れる」
とゆうお話を私どもでも、シーズン中数件うかがいます。

シーズン初めは、問題なく運転していても
毎日のようにエアコンを使用しているうちに
室内機から水が漏れるとゆうことは、よくあるお話です。



ではなぜ室内機から水が漏れるのでしょうか?

みなさんもご存知のとおり、エアコンを冷房運転すると、
ドレンホースをつたって、室外に水が流れ出ます。

これは、正常にエアコンが運転し、設置もちゃんと行われているとゆうことで
何の問題もない状態です。

しかし中には、元々ドレンがしっかりつながっていないなど
設置時に問題のある場合もありますが、
エアコン室内機からの水漏れの原因の多くは、
ドレンの詰りの場合が多いのです。


そのドレンの詰りの原因は、
室内機の掃除を怠ったためにドレンパイプに埃などが詰まったり
ドレンパイプに虫などが入り込み中で詰まってしまったりとゆうのが
ほとんどです。

それでも、一般の方は、室内機から水が漏れ出したら
慌てて、業者さんを呼んだりなさいますが、
これだけでも、出張費や技術料などで、結構な請求をされることになります。

でも、ドレンパイプの詰りが原因であれば、
その詰まっているものを取り除けばいいだけの話ですから、
一般の方でも簡単に出来ることですから、
わざわざ業者さんに依頼して、高いお金を払う必要はないと思います。

一電気工事業者の私がこんなことをゆうのもなんですが
実際、私のお客様には、こんなときの対処法をお教えしています。


その方法は、実に簡単で、
ドレン用サクションポンプを使って、
ドレンパイプに詰まった埃や虫などを取り除く方法です。




ドレン用サクションポンプの使い方は、

屋外のエアコンドレンの口にこのサクションポンプを繋ぎ、
レバーを引くだけです。

これで、中に詰まっている埃や虫などが取り除けますので
その後は、室内機から水が漏れることはありません。

間違っても、レバーを押し込まないようにしてください。
  ドレンパイプ内に貯まった水が勢いよく室内機から噴出し、
  室内を汚してしまう恐れがありますので。


いかがですか?
こんなに簡単に自分で治せるのに、
それでも高いお金を払って専門業者さんを呼びますか?

たぶん、そんな方はいらっしゃらないと思います。。。

こちらに掲載したドレン用サクションポンプにはご覧のように
数種類の付属部品が付いていますので、
エアコンのドレンのみならず、
洗面台や台所の排水などの詰まりの際にも利用できますので
とっても便利ですよ^^

専門業者さんを呼ぶ前に、
このサクションポンプを使えば
ドレンや配水管の詰まも解消するかもしれません。

それでも駄目だったら、そのときはじめて
専門業者さんに連絡すればいいのではないでしょうか。

自分で治せる軽微な不調は、自分で治して
業者さんに支払うお金で、おいしいものでも食べてください^^

う〜〜〜ん
これでまたうちの売り上げも下がるかな・・・(´;ω;`)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策