電気工事士の必需品

電気工事士の必需品

電気を取扱う電気工事士として、
必ず持っておかなくてはならないものが、いくつかあります。

電気工事士の最大の責務は、
電気を安全に、尚且つ安定して供給できるようにすることです。
そのためには、電気配線などの適切な施工は勿論、
その性能を維持するために必要な測定機器など、
必要不可欠な機器が、いくつかありますので、
それらをこちらで紹介したいと思いますので、
是非ご覧ください。

独立開業の際に必要なものも紹介しますので、
これから独立開業をお考えのみなさまにも、
参考にしていただければと考えております。

電気工事を行う際には、さまざまな測定機器が必要ですよね。

そのため、新たに電気工事会社を設立する際には、
取扱う電気設備によって、
最低限備え付けなくてはならないものが、定められています。

電気工事士のみなさんなら、ご存知でしょうが、
電気工事士が取扱う電気設備にも、
取得している電気工事士免状によって、
取扱える電気設備に制限がありますよね。

第一種電気工事士であれば、
「自家用電気工作物(500Kw以下)」「一般用電気工作物」
の取扱いが可能ですが、
第二種電気工事士の場合は、「一般用電気工作物」のみ
取り扱い可能でしたよね。

簡単に言ってしまえば、
第一種電気工事士は、500Kw以下の高圧受電設備まで工事ができて
第二種電気工事士は、一般住宅などの低圧受電設備しか
取扱えないとゆうことです。

だからどうだと、ゆうことはありません。

どちらの電気工事士免状取得者も、
電気の安全と安定供給を確保するとゆう業務に関しては、
同じ責任を負っているのですから、
最低限必要な機器を備え付ける義務があることに
代わりは、ありません。

電気工事士の作業範囲や責務については、

実践電気工事 電気工事士の資格と範囲 をご覧ください。

電気工事士として、電気工事を行うとき、
最低限、「テスタ」「絶縁抵抗計」「接地抵抗計
などは、持っておかなくてはなりません。
そのほかに、「低圧・高圧検電器」や「検相器」なども必要でしょう。

これらの機器の取り扱い方や、測定方法なども熟知しておく必要があります。

こちらでは、これらの機器の基本的な使用法なども紹介しますので
みなさんの業務にお役立てください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策