家庭の電気

家庭の電気12

先日の電気工事カテゴリの記事は、如何だったですか。

長年電気工事をさせていただいていると、いろいろな場面に遭遇しますが、あのようなことは、早々遭遇するものでは、有りません。

電力会社関係、特に外線関係をなさっている方は、頻繁にご覧になっているかも知れませんが?

写真でもお分かりいただけますように、誘導雷は、かなり危険なものですので、本日は、誘導雷に対する対策などをお話させていただきます。


みなさんは、雷は夏場に起こるものだと思っていませんか?

雷は、頻度は違いますが、一年中起こりうるものなのです。
日本海側では、冬に雷が鳴ると『雪起こし』の雷とゆう所もあるように、一年中起こる物なのです。
一般的に、夏場に多いと言うだけですので、雷対策は、一年を通して必要になってきます。

落雷にはいくつかかの種類があり、ご家庭の電化製品などに影響をあたえる原因のほとんどは、『誘導雷』によるものです。
『誘導雷』とは、対象物に直撃する『直撃雷』が発生した付近に非常に強い磁界を発生させる現象のことです。
この強い磁界が、電線や電話線に異常な電流を誘導し、これが原因で、ご家庭内の電化製品に影響(破損等)を与えるのです。

『誘導雷』は電線や電話線を伝ってやってくるので、雷は鳴り出しても、『まだ遠いから大丈夫』とゆうことは、ありません。
早め早めの対策が必要になってきます。

対策といたしましては、ご家庭内の電源プラグ、電話線モジュラーケーブル等をすべて抜いていただくのが、一番確実な方法です。

しかし、雷のたびに、このような作業をされるのは、大変ですよね。

「当たり前じゃん、一々そんなこと出来るかよ」

て、思いますよね。

私もそう思います(うんうん)

そんな人には、雷ガード(サージプロテクタ)をお勧めいたします。

雷ガード(サージプロテクタ)は、文字どうり、雷ガード(誘導雷)を防ぐ機器です。
使用方法は、電源ケーブルとコンセントの間、モジュラーケーブルとモジュラージャックの間に設置します。
こうすることによって、誘導雷による異常な電流を流れなくしてくれます。
これなら、簡単でしょ(^^)v

これからの季節、雷が起こりやすくなりますので、早めの対策をお勧めいたします。

大事な家電品が壊れてからでは遅いですからね(>_<)

もしも、雷の被害に遭われた場合には、ご家庭内の家電品は、一度お近くの電気屋さんや、メーカーに依頼して安全をご確認の上ご使用ください。

建物の屋内配線のチェックも忘れずに!

その際は、信頼できる、電気工事店にご依頼ください。

【関連記事】
大事故寸前!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策