ロリポップ!

スポンサーリンク


その他の情報

実践 電気工事に電磁開閉器の結線を追加

電気工事の実践的な使い方を紹介している
実践 電気工事』に電磁開閉器の結線カテゴリを追加しました。



電磁開閉器W330.jpg


電気工事でも活用されることの多い電磁開閉器ですが、
最近、HPの検索結果を見ていると、
電磁開閉器 結線 つなぎ方などの検索をよく見かけます。
以前から、時々は見かけていたのですが、
最近は、頻繁に見かけるようになり、なぜだろう?と考えていました。

しかし、思い当たる要因が見つかりません。
確かに、最近の商業施設などは、大型化が進んで、
それに伴って、照明などの灯数も増えてはいますが、
それもLED化が進んで、電気容量的には少なくなっているはずですから、
それが要因だとも思えません。

しかし、電磁開閉器を使うのはそれだけではありませんし、
他の要因で検索されているのかも知れません。
いずれにしても、HPで紹介していなかったのは事実ですので、
みなさんの検索に対する答えを用意できていなかったことを反省し、
今回、電磁開閉器の結線に関するカテゴリを追加いたしました。

それがこのカテゴリ『電磁開閉器の基本的な結線』です。

タイトルどおり、電磁開閉器の基本的な結線をいくつか紹介していますので、
みなさんの参考にしていただければ幸いです。

このカテゴリ内では、展開結線図やイラスト的に実際の結線を示したものを掲載してありますので、
現場での電気工事の際には、スマホやタブレットなどで確認しながら結線していただけるようにしてありますので、ブックマークして、日々の電気工事に活用していただければと思っています。

基本中の基本とのなる最も簡単な電磁開閉器の使い方から、
少し応用した使い方などを紹介してありますので、
ここで覚えたものをベースに他の制御を考えていただくためのベースとしていただければと考えて、基本的な数種類の結線を紹介してあります。

もし電磁開閉器の結線で迷ったら、一度ご覧ください。m(_ _)m

スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449562406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

スポンサーリンク




相互リンクナビ SEO対策