電気工事 木造編

電気工事 木造編10

電気工事 木造編も完成まであと一息です。
新築住宅は、ほとんど完成の状態になっていますが、
まだ完成とは、なりません。

電力会社に竣工届を出して、
数日後には、引き込み工事が行われているはずです。

引込みも入り電力計も設置されて
これで普通に電気が使える状況になりました。

今回は、その後の最終仕上げ工事に取り掛かりたいと思います。


続きを読む
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
質問です。引き込み工事は電力会社で行うのですか。
おじ
おじさん、ご質問ありがとうございました。

引き込み工事は、電力会社が行います。
電力会社と電気工事店の責任分解点は、
引き込み第一支持点になります。
電気工事 木造編の中でも述べていたと思いますが?
屋内側幹線工事は、電気工事店の責任分野になります。
電気工事士
ありがとうございます。
たとえば直接建物に引き込みたくなく敷地内に引き込み柱を立てるときは、電力会社はその引き込み柱までの工事ということですね。
この引き込み作業は工事料がかかるのでしょうか。また、かかるときはどのくらいなものでしょうか。

お忙しいところ色々聞いてごめんなさい。暇なときにでも回答願いします。
おじ
おじさん、ご質問にお答えさせていただきます。

第一支持点までは、無料ですが、
それ以降、引き込み柱を含む建物への電気工事は、電気工事業者の仕事となりますから有料です。

ちなみに、工事条件にもよりますが、
おおよそ、17万円前後からになると思います。
使用材料、設置条件等によって、電気工事の費用は、変わってきます。
電気工事士
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策