ロリポップ!

スポンサーリンク


その他の情報

第一種。二種電気工事士技能試験について

平成29年度の電気工事士技能試験に向けて猛練習をされているみなさんに

今年も先日第二種電気工事士筆記試験が実施され、
その結果も発表され、次に向けて練習を行っておられるみなさんに
ご確認いただきたいものがありますので、ご紹介しておきます。


今月の22日・23日の両日に迫った
今年度の第二種電気工事士上期技能試験ですが、
上期筆記試験の難関を突破されたみなさんは、
今まさに、次なる難関技能試験に向けて猛練習の真っ最中だと思います。

しかし、間違った方向で練習していても意味がありません。
今回ご紹介するのは、技能試験の合否判定に関わる事柄ですので、
しっかりと内容を確認されて、正しい方向性で練習するようにしてください。

先日も私のところに結線についてのご質問をいただきましたが、
はっきりと、これなら合格できますとは言えませんので、
こちらの情報を参考にされるように、提案させていただきました。

結線には、同じ動作でも違う方法もありますから、
どれが正解なのかは、言い切れるものではありませんが、
電気的に問題なく出題された点灯状態を再現できていれば問題ないと私は認識していますが、
やはり私の見解で、不合格になったと言われてもこましますので、
最終的には、受験されるみなさんのご判断にゆだねることになりますので、
その参考になるように今回の情報の内容を確認しておいてください。

電気工事士技能試験(第一種・第二種)欠陥の判断基準

スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451801782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

スポンサーリンク




相互リンクナビ SEO対策