地上デジタル放送

地上デジタル放送 テレビ

前回より地上デジタル放送について、お話させていただいております。

前回は、簡単な地上デジタル放送化の流れを、お話させていただきましたが、如何だったでしょうか?

日本の電波利用状況が、飽和状態だったなんて、一般の人には、わからないですよね。

地上デジタル放送への移行が発表されたとき、
「何故そんな事をしなくちゃいけないんだ」

「テレビは、買い換えなくちゃならないし、無駄な出費が増えるだけじゃないか」
と、思いました。

でも、少しずつ地上デジタル放送が普及するにつれ、その便利さが理解できるようになって来ました。

地上デジタル放送をより楽しめるように、
本日は、地上デジタル放送の特徴についてお話させていただきたいと思います。



地上デジタル放送最大の特徴は、ともかく画質が良いこと、
そして、音質がよい事です。

画質に関しては、チラつきや、ザラつきの無いクリヤーな画面が楽しめます。
従来のアナログ放送でよく見られた、画像に影の出るゴースト現象なども、ほとんどありません。
言い換えれば、見にくい画面を我慢して見る事が有りません。

音質に関しては、CDやMD並みの高音質を実現できます。
スピーカーシステムを利用すれば、その場にいるような臨場感を味わう事も出来るでしょう^^

また、従来のように、新聞などの番組表を見なくても、ボタンひとつで、電子番組表を呼び出して、簡単に見たい番組を探す事もできます。
こうなると、これまで書店などに並んでいた、テレビ番組専門の雑誌などは、廃刊になるかも知れませんね。

そのほかには、双方向サービスの利用も出来るようになります。
例えば、今見ているクイズ番組などに、参加することも出来るようになるでしょう。
今まででしたら、電話による投票とかだったものが、リアルタイムで自分の意見が、テレビ番組に反映されるなんて事も考えられますね。
他にも、テレビショッピングなんかも、その場で出来るようになるでしょう。
テレビを見る楽しみがまた増えますね^^

後は、データ放送で暮らしに役立つ情報をすぐに、見られるとか、
天気予報や渋滞情報、料理のレシピなどいろいろ考えられます。
また、高齢者の方々に優しいテレビとして、音声をゆっくり流した放送や、字幕放送なでも出来るようになるでしょう。

こうして考えてみると、地上デジタル放送は良いことばかりのように思いますよね^^

でも、地上デジタル放送にも弱点があるんです。

それは、アナログ放送のようなあいまいさが無い事です。
具体的に申しますと、地上デジタル放送は、”Yas”か”No”しかないのです。
従来のアナログ放送なら、受信状態が多少悪くても、受信できましたが、地上デジタル放送では、電波状態の悪いところでは、まったく受信できないのです。
映像が映れば、クリヤーな画面が楽しめますが、映らないところでは、まったく見られないことになってしまいます。
そうなると、従来どうり衛星放送やCATVなどを利用せざる負えなくなってしまいます。
現状でも、同一地域内で、受信可能地域と少し離れただけで、受信できない地域が生まれています。
このような、状態も徐々に解消されるとは思いますが、
これが、今現在の地上デジタル放送の現状です。

基地局の増強も図られているようですので、順次受信可能地域も拡大する事でしょう。

すでに、地上デジタル放送を受信なさっているみなさんは、存分に地上デジタル放送をお楽しみください^^
まだの方は、今しばらくお待ちくださいm(__)m

ちょっとした情報ですが、
今現状お使いのテレビでも、チューナーさえ取り付ければ、視聴できますので、慌ててテレビの買い替えをお考えにならなくても良いと思います。

【関連記事】
地上デジタル放送 地上デジタル放送 アンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策