スポンサーリンク


その他の情報

自宅が停電!

今年は台風の当たり年ですね。

つい最近台風21号が上陸して、各地に甚大な被害を出したところなのに、
またぞろ、猛烈な勢力の台風24号の上陸で、日本全国で大きな影響が出ました。

そんな中、我が家も停電に襲われてしまいました。(*_*)




実に何年ぶりの停電です。

電気工事を行っている私ですから、停電してもさほど慌てることもなく、

「あっ! 停電や」

くらいの反応しかしませんでした。
それというのも、事前に停電を想定して、
仕事で使っているワークライトとバッテリーを自宅に持って帰っていたので、
すぐに取り出して点灯すると部屋全体が明るくなり何の問題も無く過ごせたのです。

私が仕事で使っているのが、マキタのワークライトなのですが、
最近のワークライトはLEDランプが使われているので、
バッテリーひとつでの点灯時間も長く、
一晩くらいならひとつのバッテリーで過ごせるくらいです。

それでも不安なので予備のバッテリーも用意しておいたので、
暗闇になる心配も無く過ごせたので助かりました。^^

夕食は、ガス、水道が使えたので、
普段どおりに準備して食べることができましたので、
避難所生活のような不便が無かったので本当によかったです。

でも、これが真夏の酷暑の中だったら、耐えられなかったでしょう。
その点、気温が下がったこの時期の停電で、ある意味助かった面もあります。

それにしても、やはり『備えあれば憂いなし』ですね。^^

私が使用しているマキタのワークライトをご紹介しておきます。


マキタ ML801


バッテリーはほかの充電工具と共用なので本体だけを購入して使っています。
仕事で使うのだっらこのままでも問題ないのですが、
今回のように非常時の照明として利用するには、
LEDランプの光はまぶしすぎて、とても耐えられるものではありません。
(>_<;)
直視しようものなら、しばらく目がくらんで何も見えなくなってしまいますので、
私は事前に専用のランプシェードを購入して使っています。


マキタ [ML801用 ランプシェード]


これも、夜釣りで使うのに購入して元々持っていたので、
今回もそのまま使ったのです。
これなら、かなりまぶしさも軽減されるので使いやすくなります。

実際に比較した画像を掲載しておきますので、ご覧ください。

light-1-1.jpglight-1-2.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
左がランプシェード取付前で右が取付後です。

写真では反射が強くて違いがあまりわかりませんが、
実際に使ってみると、まったく別物のような違いですから、
普段使いや私のように夜釣りに使ったり、
キャンプなどで利用するのにも便利ですよ。

非常時の備えとして自宅に一台置いておくのもいいですね。
私も自宅用にもう一台購入しようと考えています。

みなさんにも非常時のことを考えて用意しておくことをお勧めしておきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク






相互リンクナビ SEO対策