グリーンリー701K-G【配線ルート探査機】

スポンサーリンク


オール電化

オール電化3

オール電化についてお話をさせていただいておりますが、

前回お話いたしましたように、何から何まで良いことばかりでは、ありません。

オール電化への変更には、前回でお話いたしましたように、
少なからず、問題点もございます。

私のブログのタイトルにもなっていますように、
問題点も暴露してまいります。

ただ、物を売るだけの広告なら、こんなリスクは載せないでしょう。
しかし、それでは、みなさんの判断材料には、ならないと思いますので、
リスクはリスクとして、お伝えしておきたいと思います。

本日は、各機器についてお話させていただきたいと思います。


前回でお話させていただきました事柄をクリヤーなさいまして、
オール電化住宅をお考えのみなさんに、
IHクッキングヒーターエコキュートなどの機器の特徴をお話させていただきます。

まず最初にIH>クッキングヒーターについてですが、
前回ご紹介いたしましたように、一番の特徴は、
熱効率の良さになります。
ガスコンロに比べてもはるかに熱効率が良く、
約90%の熱効率になります。
逆から考えますと、熱効率のロスは、10%前後とゆうことになりますから、余分な熱の放出がない分、お部屋の気温上昇を抑えられますので、冷房効率も上がります。

電気料金の上昇をお感じになるのは、やはりエアコン運転期間だと思います。

通常数千円程度だった電気料金がエアコン運転期間になると、
1万数千円から、多いお宅ですと、2万円を超えるお宅もございます。

特に、キッチンやダイニングなどは、熱量が多いですから、
エアコン運転自体が、フル運転に成りがちですから、電気料金も跳ね上がります。
IHクッキングヒーターにする事で、多少なりとも熱放出量を抑える事が出来ますので、結果的に、電気料金の節約につながります。

また、IHクッキングヒーターは、火を使わないため、
小さなお子様のいらっしゃるお宅や、ご高齢の方のいらっしゃるお宅でも、火災の心配などが無く、安全です。
その他にもIHクッキングヒーターには、各種の安全装置が装備されていますので、安全です。

次に、IHクッキングヒーターの問題点を挙げておきましょう。

まず問題になるのが、普通のお鍋やフライパンが使用できないことです。
IHクッキングヒーター対応のものに買い換えなくては、なりません。
(現在、普通のお鍋やフライパンが使用できる機種もございます)

もうひとつは、利点でもあるのですが、逆に欠点でもあるのですが、
天板が、ガラスであることです。
強化ガラスですから、お手入れは、簡単です。
これは、利点ですね^^
しかし、強い衝撃を与えると、
例えば、誤って、お鍋やフライパンを落とした場合、天板のガラストップが割れてしまいます。
こうなると、交換に高額の費用が発生いたします。

こんな欠点もございます。

続いてエコキュートに関しましてですが、
こちらは、欠点らしきものがございません。
しいて申しますと、
機器が高い!
これぐらいですかね・・・

「それが一番問題だろ<`ヘ´>」

たっ・確かにそうですよね・・・

でもこればかりは、電気工事士でもどうにも成りませんm(__)m

みなさんには、国の補助金の利用や、設置後の光熱費の削減などで、お考えいただくしかございません。

しかし、エコキュートには、このような問題があっても、余りある利点がございます。

第一は、何と言っても光熱費の削減です。

ガス給湯器や通常の電気温水器に比べて、光熱費が格段に安いとゆうことです。
大気熱を利用いたしますので、高効率運転が可能になりましたので、
光熱費を抑える事が出来るのです。
また、CO2排出量の削減にもつながりますので、
環境にもやさしいとゆうことになります。

また、各ご家庭にあった料金体系をお選びいただけますから、
こちらでも光熱費の削減が可能です。

如何でしたでしょうか。
これらの利点、欠点をご理解のうえ、オール電化住宅をお考えください。

【関連記事】
家庭の電気  オール電化  オール電化 1  オール電化 3

スポンサーリンク

この記事へのコメント
電磁波の問題はないのでしょうか?長期間の使用は体に良くないような気がしますが大丈夫でしょうか。
高齢者はいいとしてまだ若い子供や妊婦は今は問題なくても将来健康に問題がでないか心配です。

最近、業者はオール電化を勧めてきますが将来健康被害が出た場合、誰が責任取るのかなと思います、仕事とはいえあまり無責任に勧めないほうがいいかと思いますがどうでしょう。

素人考えですいません、
携帯電話であまり問題がないからいいのかな。
hisa
電磁波の問題はないのでしょうかそれを考えるとやはりガスの方が安全かと、どうでしょう。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46528165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

スポンサーリンク




相互リンクナビ SEO対策