その他の情報

楽天市場から撤退の動き

年末に楽天市場が発表した送料無料に関する問題で、
ついに楽天市場から撤退する企業が出てきました。

一連の問題では、楽天市場に出店している
ショップオーナーが加盟する「楽天ユニオン」という組合と
楽天市場側が対立しています。
しかし、楽天市場側は当初の計画通りに
送料無料を3月18日から実施する旨を告知しています。

これに伴い、ショップ側の負担は送料のみならず、
合わせ買いなどが少なくなることで、
梱包料や配送の手間などが大幅に増えて、
利益を圧迫するとして、強く反対しています。

そんな中、ついに楽天市場に出店していた企業から撤退動きが始まりました。
今後、楽天市場から企業ショップの撤退が続くものだと考えられます。


楽天市場から撤退を決めたのは、
作業用品を扱うワークマンで、
作業服から各種安全用品などを扱う全国展開の企業ですが、
今回、楽天市場側が発表した、
買い物金額税込み3,980円以上で全品送料無料という方針では、
利益が見込めないとして撤退することを表明し、
今後は自社運営ショップの充実に注力すると発表しました。

表向きは自社サイトのリニューアルに伴う、
自社運営サイトの充実を図るためとしていますが、
また一方楽天市場が表明した送料無料化に伴う
配送コストの増加も撤退の一因であるとはっきり言っています。

また、現在楽天市場出店者の組合である「楽天ユニオン」が強く反発しているように、
一般の出店者の楽天離れが加速することも考えられる状況で、
そうなれば、楽天市場の店舗数は激減することになり、
多数の店舗があり、同一商品でも安く買えていたメリットも購入者には無くなり、
顧客離れにもなりかねない状況が生まれる可能性すら考えられます。

今でも多数の企業が楽天市場で、自社製品を販売するショップを開設していますが、
梱包料や配送料を全額負担するのであれば、「ワークマン」同様、
自社運営サイトの強化を図ったほうが、
先々を考えても得策だと考える企業やショップオーナーが増えることは、
容易に想像がつきます。

また、楽天市場が創業した当時と違って、
AmazonやYahooなどにも出店できるので、
楽天市場に固執する必要はないわけで、
今後は他所に移るところも多数出てくるものだと考えられますし、
すでにほかでもショップ展開しているところは、楽天市場から撤退して、
他所のショップの充実を図ることに力を入れるところも出てくるでしょう。

購入者にとって、送料無料というのは魅力的ですが、
買い物できるショップの選択肢が減ることや、
販売価格が上がることは誰も望んでいないことなので、
最終的には、購入者の利益にもならず、楽天側の無理強いに終わる可能性も
大いに考えられる状況になってきたとも言える
今回の「ワークマン」の楽天市場撤退表明だと思います。

このままでは、古い時代劇のように

楽天屋、お主も悪よの
って感じになっちゃうかもしれませんね。

一方的な現状変更はいくら規約にあるからといっても
すべきことではないと思いますし、
両者でしっかり話し合って、打開策を考えるべきでしょう。

一方的な現状変更と言えば、中国が行っている
我が国固有の領土である尖閣諸島での領海侵犯を思い出して、
とても不快に感じてしまします。

この春に習近平を国賓として招くとしていますが、
日本の国土を侵害してくるような国の人間を
国賓として迎えるのはいかがなものかと思います。

香港やウイグルでの人権侵害や民族迫害を平然と行っている国の
元首として我が国の天皇陛下とお会いさせるのは、
世界に日本は中国の動きをすべて認めるという
誤った考えを発信して、非難を浴びることになる可能性もあります。

楽天市場の問題から中国問題に話が飛んでしまいましたが、
力による現状変更など認めるべきではありません。

そんなことを認めてしまったは、
歯止めが利かなくなってしまう恐れがありますからね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策