その他の情報

店舗の換気と給気の配置について

新型コロナウイルス感染予防で重要だとされているのが、3密を避けることと人が集まる空間での換気の徹底だということは、みなさんご存知でしょう。
感染症の専門家の先生方が連日各メディアで繰返しおっしゃっておられますし、現実にクラスターが発生しているところを見ていくと換気が不十分な店舗や密集した状況で営業しているところがほとんどです。
こうして、クラスターが発生している状況をつぶさに観察していくと改めて換気の徹底がいかに新型コロナウイルス感染予防で大切かが再認識させられると思います。
がしかし、今年の夏は例年にも増して酷暑となっているので、店舗のドアや窓を全開にしておくことは、出来にくい状況ですから、営業中は締め切った状態で冷房効率を上げることに注意がいきがちです。
それでは、感染拡大の原因となるクラスターが発生してしまう危険が増してしまうことになるので、本当に頭の痛い所だと思います。
そこで永年電気工事を行ってきた経験から、店舗内の空気の流れをコントロールしつつ、効率よく換気するための給気と換気扇の配置を提案させていただきますので、一つの参考資料としてご覧ください。

続きを読む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。