結露対策

結露対策1

そろそろ寒さが身にしみる季節になってきました。

それとともに、暖房器具使用に伴い、
室内の結露が気になる季節でもあります。

木造住宅でしたら、窓ガラスに付いた結露が気になります。

マンションなどで、断熱効果の低い建物でしたら
壁などにも結露が起こってしまって、
カビの発生源になってしまいます。

こんな嫌な結露を抑える方法をお話したいと思います。



まず最初に結露は、どうして発生するのか、
知っていただきましょう。

結露の発生メカニズムは、
簡単に言ってしまえば、みなさんご存知の通り、
室内と外気の温度差によるものです。

空気中に含まれる水蒸気の量は、決まっていて
ある一定の量を超えたものが、
水滴になります。
その空気中の水蒸気含有量は、温度低下によって、
含有量が少なくなってしまいます。

湿度100%の時、少しの温度低下で、
結露は発生しますが、
湿度50%では、発生しません。
しかしこれが、室内温度より低いところでは、
水蒸気含有量が下がりますので、
湿度が上がったのと同じ事になり、
結露が発生します。

一番端的に現れるのが、窓です。


それでは、どうすれば結露は防げるのでしょうか?

答えは、簡単です!
室温を外気温と同じにすれば、結露は発生しません。

しかし現実問題として、このようなことは不可能です。
真冬であれば、凍死してしまいます(>_<)

では、どうすれば良いのか?

室内の湿度を下げる工夫をするのが、
まず最初に行う事です。

お台所や、洗面所、脱衣場、お風呂などには、
換気扇を設置し、湿度を外に逃がすようにしてください。
その他の部屋も、こまめに換気し、
湿度を下げるようにしてください。

しかしこれだけでは、片手落ちになってしまいます。
換気すると言う事は、
「室内の空気を外に出す」
ということですから、当然吸気が必要になります。

空気が無くなった部屋で、いくら換気扇を使っても
排気しません。
吐き出した分だけ、新たな空気が必要になるのです。

極端な例ですが、
小さな部屋で、換気扇を使い続けると、
だんだん回転が遅くなり、最終的には、止ってしまい
逆に外気の流入が起こります。

しかし、吸気と言っても、窓を開けるのは、
寒いですから、勇気が要りますよね。

ですから、リビングや、ダイニングなどには、
熱交換型、給排気換気扇をおすすめいたします。

文字通り、熱交換型ですから、
排気しながら、室内の暖気は逃がさず、
吸気を行う事が出来るのです。

室内から吸い込んだ熱を外気と交換し、
室内に戻す優れものです。

これなら、寒い冬の外気にさらされる事なく、
室内の換気が効率良く行えます。

設置するには、電気工事のほかに
給排気ダクト工事が必要になってきます。
(天井取り付けの場合)

壁取り付けの場合は、
壁開口工事と電気工事と言う事になります。

何れも専門技術が必要になりますから、
お近くの信頼できる、電気工事店にお申し付けください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策