RC電気工事

RC電気工事5

鉄筋工クリート(RC)造の電気工事の埋設配管工事に使う材料やあると便利な道具をご紹介したいと思います。

立て込み配管やスラブ配管では、配筋の間に埋設配管を入れなくてはならないので大変な作業になります。

そこでいろんな材料や工具を使う事になるのですが、その種類もいろいろで用途によって使い分けなくてはなりませんので、使用方法なども合わせてご紹介いたします。


続きを読む

RC電気工事

RC電気工事4

前回、ご紹介いたしましたように、
RC電気工事を行う現場は、鉄筋やその他、
危険が付ものです。
細心の注意を払って、足元の安全を確保しつつ、電気工事を行ってください。

日々、どこかの現場で、立て込み配管やスラブ配管が行われていますが、
不幸にも、事故に遭われる職人さんも少なくありません。

各、現場に掲載されている、事故事例を見ても、
如何に、RC工事の現場が危険か分かると思いますので、
電気工事を行われるみなさんは、“職人”“プロ”として
十分な安全確保に心がけてください。


続きを読む

RC電気工事

RC電気工事3

さあRC電気工事もいよいよ建物本体の施工となります。

前回照会させていただいたように、
建物の大きさによって、アースの値のとり方も変わってきます。

その辺は、現場の建物の大きさなどを考慮して、算出してください。
特に、電気設備の設計段階でこの算出を間違うと、
後々大変な事になりますから、しっかりと行ってくださいね。


続きを読む

RC電気工事

RC電気工事2

いよいよRC電気工事の始まりですが、

ご存知のとおり、鉄筋コンクリートの建物を建てる場合、
まず、地面の掘削作業から始まります。

当然、鉄筋コンクリートで、地上高く建物を建てるわけですから、
基礎部分は、十分な強度が必要ですから、この掘削工事及び、
地中梁の施工は、最も重要だと言えるでしょう。

この掘削作業の間での電気工事としては、
接地銅板の埋設工事をしたりA種アース棒を打込んだりします。


続きを読む続きを読む

RC電気工事

RC電気工事1

このサイトをご覧の皆様の中には、
RC配管工事とか、スラブ配管工事とかで検索してこられる方も
数多く見かけます。

これまでほかの電気工事のお話をさせていただきましたが、
RC電気工事についてお話してきませんでしたので、
鉄筋コンクリート(RC)造の建物の電気工事の流れをご紹介するために
このカテゴリを掻き始めました。


続きを読む


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


相互リンクナビ SEO対策