ロリポップ!

スポンサーリンク


福島第一原発事故から学ぶ

東京電力 福島第一・第二原子力発電所事故 賠償金請求について

平成23年3月11日に起こった、
東日本大震災による津波の影響で、
東京電力、福島第一原子力発電所の電源喪失による
事故の影響で、避難されているみなさまの
賠償金請求に関する発表がなされましたので、
ここに内容を掲載させていただきます。


続きを読む

福島第一原発事故から学ぶ

福島第一原発事故から学ぶ 3

福島第一原発事故以来、大きく広がった原発反対の声。

先ごろ、関西電力が原子力発電所のストレステストの結果を
経済産業省に報告し、地元自治体への説明に訪れましたが、
地元自治体、副知事から、その内容に対する疑問が提示され、
休止中の原発の再稼動は、認められませんでした。
この流れは、日本全国の原発へと波及することは間違いないところだと思います。

さて、前回考えました、電力行政の中で、
今回のストレステストの結果を受けて、出された地元自治体の“No”の回答に対して
所管官庁である経済産業省は、どのような動きをみせるでしょうか?

電力の安定供給の大義名分のもとに、
補助金の上乗せなどで、地元自治体の頬を札束で叩いて、
原発運転再開へとごり押しするのでしょうか?

さて今回は、脱原発の観点から、小さな発電を考えてみたいと思います。

続きを読む

福島第一原発事故から学ぶ

福島第一原発事故から学ぶ 2

前回少し原子力発電について考えてみましたが、
みなさんは、どうお考えになるでしょうか?

「安定的な電力供給のためには、原子力発電を続けるべきだ」
と思われますか?
それとも、
「危険性とあらゆるコストを考えれば、やめるべき」
と考えますか?

電気工事士は、どちらかと言えば後者でしょうか。
日本全体を考え、新しいエネルギーを考え、
そしてこれからの日本の発展を考えた時、
海外に頼りきっていては、これからの日本の未来は、
無いと思いますので、思い切った発想の転換が必要だと思います。

今回は、そんな流れの中で、
まず、今の電力行政を考えてみたいと思います。

続きを読む

福島第一原発事故から学ぶ

福島第一原発事故から学ぶ 1

先の東日本大震災における津波の影響で、
東京電力 福島第一原子力発電所の事故により、
にわかに、日本全国で電力不足が叫ばれるようになってきました。

さらに、九州電力における、玄海原子力発電所運転再開に関する
テレビ番組における、『やらせメール問題』などが発覚し、
国民の原子力発電及び、電力行政、電力会社に対する不振感が高まり、
原子力発電所の運転再開は、まったく見通しが立たない状況となり、
電力供給不足が叫ばれ、全国的に節電が呼びかけられています。

これに関連して、電力行政と電力供給に関して考えてみたいと思います。

続きを読む

スポンサーリンク




相互リンクナビ SEO対策