その他の情報

電気の引込申請

電気工事士なら誰しもが行ったことのある電力会社への引込申請ですが、中でも一般的なのが、電灯・動力の低圧申請だと思います。
ほかに、高圧受電申請等々、電気の使用量によって、いろんな供給方式があるので、必要に応じて申請を行わなくてはなりません。
いずれにしても、電気工事を行うのであれば、避けては通れない道ですから、その方法を知ってかなくてはなりません。
そのために、私が運営する『実践 電気工事』の中に電気の引込申請に関するページを設けてあるので、活用してください。

続きを読む

その他の情報

緊急事態宣言延長へ

日本全国に発令されている【緊急事態宣言】が、およそ1か月程度延長する方向で話がまとまりそうです。
感染拡大のペースは、少し緩やかになってきたように思いますが、少ないPCR検査の中でも日々感染者が見つかり、重症者や死亡する方もおられます。
ですから、ようやく感染拡大のペースが緩やかになりつつあるこの時期に緊急事態宣言を解除して、自粛を緩めることはできないということなのでしょう。
その決定は、緊急事態宣言期間ギリギリの5月4日もしくは5日に発表される予定です。

続きを読む

その他の情報

全世界から信用を無くす日本

COVID-19(新型コロナウイルス)感染が世界中で猛威を振るう中、先進国と称される国の中で日本だけがPCR検査すら十分に行われず、未だに正確な感染実態が掴めていません。
この検査体制が、世界から不信感を招き始めています。
このままでは、全世界で終息に向かって、経済活動が再開され、人の往来も戻ってきたときに、日本への渡航を禁止する国が出てきかねないと私は危惧します。

続きを読む

その他の情報

唾液によるPCR検査を導入すべき!

COVID-19(新型コロナウイルス)感染が全国に広がり、医療崩壊や介護崩壊が叫ばれる状況になって、ようやくPCR検査の検体採取を増やす方向に舵が切られようとしていますが、これにも私は疑問を感じています。

今回厚労省から示されたのは、歯科医師に検体採取を依頼するというものだが、歯科医は通常診療の中でも感染の危険と日々向き合いながら診療を続けていて、想像を絶する緊張の中で日々の診療を行っていることは、今や多くの国民が周知するところとなっています。
そんな歯科医にさらなる危険を強いるなど、無責任極まりない方針だと思います。

続きを読む

その他の情報

COVID-19 未だ収束の目途立たず...

COVID-19 新型コロナウイルス感染が拡大して、史上初の緊急事態宣言が発令されて、目安とされていた2週間が過ぎましたが、未だ収束の目途は立たず、道半ばといったところです。
専門家会議が呼びかけている、人的接触の8割削減は達成されず、逆に他の都道府県に出掛ける人間が居たりするし、簡易な博打場のパチンコ屋に人が詰めかけて、近隣住民を感染の危機に晒している犯罪者的な輩まで居る始末です。
これでは、感染拡大を抑え込むことなど、夢のまた夢になってしまうでしょう。
そうなれば、医療は崩壊して、助かる命が助けられない状況が生まれるし、介護現場も崩壊して、介護を必要とする人が人知れず症状が悪化したり、中には亡くなる方が出ることも考えられます。
今まさに、日本はそんな危機的状況だということをもっと強く認識すべきです。

続きを読む


電気工事【電気工事士が大暴露】)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。